子育てあるある〜主婦のお悩み解決ブログ

一児の母親「エリママ」の子育て奮闘記~節約術や家庭料理、育児の悩みを中心にした主婦ネタを紹介します。

*

母乳に悪影響?乳質を悪くする飲み物と食べ物

   

乳質を良くする食材があると同時に、乳質に悪影響を与え、おいしくない母乳になってしまったり、”詰まり”の原因となりママの病気につながってしまう飲み物や食材をご存知でしょうか。

良くない飲み物や食べ物について解説していきます。

乳質を悪くする飲み物と食べ物

アルコール類

飲酒と母乳

アルコール・お酒が良くないと言うのは周知の事実だと思います。

アルコールをママが摂取してしまうと母乳からもアルコールが検出されてしまい、赤ちゃんに強制的に飲酒させている状態となってしまいます。

お酒が大好きなママも、もちろんいますよね。
実は飲酒は少量なら大丈夫だそうで、入院中の病院で出たお祝い膳でエリママも小さいコップに1杯のお酒を頂きました。

ただ、飲酒後1時間程度で母乳からアルコールが検出されるのでその時間の授乳は控えた方が良いでしょう。

冷えた飲み物

清涼飲料水や、冷えている飲み物も良くありません。

糖分や添加物が多く、飲み物が冷えた状態ですと身体も冷える原因にもなります。緑茶、コーヒー、紅茶などカフェインやタンニンが含まれているものも乳質を悪化させると言われています。

ミルク・牛乳

牛乳・ミルクは母乳に悪い

エリママが意外だったのが、ミルクです。

乳製品は確かに母乳の分泌が良くなりますが、赤ちゃんが飲みきれない量がでてしまうと詰まってしまい乳腺炎の原因になってしまいます。勝手なイメージで出が良くなったり、母乳に良いものだと思っていました。

更に、乳製品は母乳が高脂肪となってしまい、消化機能が未熟な赤ちゃんには消化しにくく、便秘や下痢などトラブルの元となります。

乳製品は、注意しながら摂取しましょう。

脂分の多い食べ物

ラーメンは母乳に悪い

高カロリーな食べ物、脂の過剰摂取となるような食べ物は母乳がドロドロになり詰まりの原因となります。

母乳育児中は、ファーストフードなど油が多い物や乳製品、お肉の脂身が多いもの、お菓子やおやつのケーキなどの食べ過ぎに注意が必要です。

冷たい食べ物

身体を冷やしてしまう食材にも注意が必要で梨、柿、メロン、スイカ、夏野菜などは季節外ですと身体を冷やす原因となります。

胃腸が冷えると、造血を担う腸の働きが悪くなり、血液がドロドロとなり母乳の出を悪くします。

また、アクが強い筍、山菜類、栗は乳児湿疹の原因にもなるので取りすぎに注意しましょう。

お餅

餅は母乳に悪い

餅は白米のようにエネルギーとなり良い食材なのでは?とエリママ自身も思っていました。

しかし、お餅などもち米を使っている赤飯などはカロリーが高く母乳が多く作られます。母乳の出が良くなるからと少量食べて分泌を促すママもいるようですが、知らなかったエリママはお正月にお餅を2つ食べただけでパンパンに張ってしまいとても痛くなったことがあります。

乳腺が細く詰まりやすいママや、まだ母乳がたくさん飲めない月齢の低い赤ちゃんに授乳しているママは気をつけましょう。

過剰な摂取には気を付けて、悪いと言われている飲み物や食べ物とも上手く付き合っていきましょう。

 - 母乳育児